トップ > 0 気になる商品・ニュース・グルメなど > 村上春樹の新作「1Q84」売れすぎw

村上春樹の新作「1Q84」売れすぎw

ややややや

恥ずかしながら村上春樹の本読んだこと無いんですが。

本棚に『ノルウェイの森』と『海辺のカフカ』はあるんだけど
妹が買ってきた本で、私は読んでいない・・・。

妹の趣味とワタシの趣味は、少々ずれてるもんで
きっとこの本もそうなんじゃないかと、読まず嫌い(嫌いと
まではいかないけど)で、読んでいない。という。

でもノルウェイの森に至っては、全世界ですんごい
売れてるんですよね。確か。

なんか日本人として恥ずかしいwwwそんなに
すごい本を読んでいないなんて。



んで、今回発売されたのが『1Q84』という本らしいんです
けど、予約からしてもう半端なかったらしく、発売日に
発行部数が68万部だってwwwwwケタが違うw

小説って10万部売れればすごいんでしたよね。

小説の内容は前もって発表されずふせられていた
ということだけど、それでこの数ってことはこれまで
村上春樹が発表してきた作品の評価が良くて
今回の『1Q84』に期待している人の数がすごく
多いってこと。ですか。

ノルウェイの森なんて、恋愛小説って知りません
でしたからね。

タイトルだけみて↓こんな話だと勝手に妄想膨らませて
たからね。

「ノルウェーの片田舎に住む一人の青年が、代わり
映えのしない毎日に嫌気をさして故郷をあとにし、
大都会で享楽と快感に溺れ荒んだ生活を送るよう
になる。昔夢見ていたような華やかな生活には程遠く、
飢えと失望を安酒でごまかす毎日。ある日とある事件に
巻き込まれマフィアから追われる身に。あの日ろくに
挨拶もせずに飛び出て、それから一切連絡をとることも
なかった家に十数年ぶりに戻ると目の見えなくなった
母親が一言「おかえり」と自分を迎え入れる。父親は
数年前に亡くなっていた。母親は自分が家を飛び出し
てから、いつ帰ってきてもいいようにと毎日掃除は
欠かさず3人分の食事の用意をしていた。
もう青年と呼べるような歳ではなくなってしまった主人公は
年老いて小さくなった母親に泣きながら詫びた。
この素朴で退屈だけれど穏やかに流れる時間の心地よさ
こそが本当の幸せだったんだとやっと気づいた。」

という話だと思ってた。

そしたら全然違うしw

当たり前ですが。

なんかそんなのばっかり。

随分前
とあるホラー小説があったんですけど、怖くて買えない。
でも気になる。もうキャッチコピー読んだだけで気になり
すぎて「もしかしてこんな本なんじゃないの!?ラスト
こんなオチじゃないの!?」とか妄想して、とうとう我慢
できずに本を買って読んだら自分の妄想のほうが怖かった
なんてことありましたからね。

中高生って皆こんなんですよね。


とりあえず今は『王家の紋章』の1巻~53巻まで読まないと
いけないんで、村上春樹はその後だな。


いつになるやら。

追記:
先日栗本薫さんが亡くなられたということで、
「グイン・サーガ」を読破しようと思ってるんです
けど無謀でしょうか。

120巻以上あるんですよね。しかも未完。

でも結構前から気になってたので、これを機会に読んで
みたい。

栗本薫といえば(中島梓?)、『終わりのないラブソング』を
予備知識なしで読み始めて、男性同士の恋愛ということ
で腰抜かしつつ、切なくて号泣してたのを思い出したw
今で言うBL?



この記事のカテゴリーは「0 気になる商品・ニュース・グルメなど」です。
テレビやネットで話題になっている商品・美容・家電・食品など 日記風にまとめて紹介しています
関連記事

フェルティングニードルで癒される

今朝、TBSの「はなまるマーケット」に光浦靖子が ゲストで出ていて今はまっている...

USB接続ガジェットでパソコン周りをにぎやかに

パソコン歴はそれほど短くはないのですけれど 全然詳しくない。 周辺機器もプリンタ...

500色の色エンピツがヒットする理由

最近テレビやネットで話題になってる FELISSIMO発売の『500色の色えんぴ...

うどんの新しい食べ方「つけうどん」

うどんの新しい食べ方、それが「つけうどん」 なんだそうだ。 つけめんみたいに、ス...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「」です。2009年11月25日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2009年11月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2009年11月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2009年11月12日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索